センター試験対策!受験に失敗しないために試験前にすべき3つのこと!

センター試験は「点数をいかに伸ばすか」というテストです。
努力をすればするほど点数があがるので、モチベーション高く、効率よく勉強するのが大切です。センター試験に裏道はないですが、近道はあります。
それは以下3点を勉強に取り掛かる前に考えてみることです。
①点数の上げ方②それぞれの科目に使う時間配分③その科目自体のペース配分
そもそもセンター試験とは
かつては「共通一次試験」と呼ばれ、現在では「大学入試センター試験」として毎年1月中旬に2日間かけて行われるテストのこと。
全ての試験はマーク式で行われ、受験生は志望校に必要な科目を自ら選んで受験します。
今では、「センター試験利用」という私大の受験方法もあり、現役高校3年生のうち約4割が受験します。
その背景もあり、センター試験は「より高い点数をとりにいくテスト」といえます。

センター試験=「点数をとるテスト」とは?

当たり前なのですが、大きく分けるとセンター試験の目的は2つです。
1、私大のセンター利用のため
2、国公立の二次試験のため
どちらも100点満点中、50点だと使い物になりません。
高い点数をとってなんぼの世界です。
なので上位校やセンター試験のみで合否を判断する大学では、90%以上必要な大学も多いです。
しかし、二次試験はそんなに取る必要はない大学が多いです。
ようは「ボーダーラインよりも上の点数を取りに行くテスト」です。
つまり、御幣を恐れずいうと、センター試験の方が簡単なのです。
もっと端的にいうと、努力すれば(きちんと時間をかければ)必ず点数があがるのです。

努力が結果に結びつきやすいセンター試験

ということは「努力すればいいんだー!」となって、努力できれば、全員が90%とれますよね。笑
「わかっているけどできない」「不可能じゃないけど、なんかやる気でない」「コツコツやればよいのはわかっている」というのが本音ではないでしょうか。

「モチベーションの維持」が大切

特にセンター試験はや勉強すればするほど点数が上がりやすいので、モチベーションが継続できれば、点数は上がりやすいといえます。
とはいっても、モチベーション維持の方法は人によってさまざま。
その方法を決める材料として3つの質問を用意してみました。
読み進めながら、ご自身の勉強方法と照らし合わせてどの方法がモチベーションを維持しやすいか考えてみてくださいね。

①底上げ派VS順番派で、初めの取り掛かり方が決まる!

全部をまんべんなくやっていく「底上げ派」
1全体的に徐々点数が上がっていくので「できていない科目」ができづらい。
1低い点数が1科目でもあると不安な人にはお勧めです。

1科目を早い段階で目標点近くまでとる「順番派」
1早い段階で自信がある強化ができ、解ける喜びを感じやすい。
1苦手科目の休憩として、得意科目を勉強すると「私やればできるやん!」となって勉強に対するモチベーションが湧く人にお勧めです。

②点数配分を決めることによって、科目に使う時間配分が決まる!

受験校に必要な合計点数から「この科目は何点」と予め決めてからスタートして下さい。
例えば3科目210点を目指す場合、あばたなら以下どちらの勉強法をしますか?
自分の得意科目を想像しながらお答えください。
A君:90点、70点、50点、合計210点
B君:70点、70点、70点、合計210点

どちらが自分に合ってそうでしょうか。
どちらが正解というわけではないのですが、どちらを目指すかでは勉強の仕方が変わりますよね。
個人的なおすすめはB君です。
理由は、A君の場合「当日変な問題が出た」「急に難易度が上がった」などのリスクに対応しにくく合計点数が下がりやすくなるからです。

どのように勉強していけば効率的か?
A君の場合、得意科目で80点をとれるようになったら苦手科目を上げる時間にした方がより点数を取れやすくなります。
当たり前の話なのですが、点数をとれる科目があると、勉強しているのが楽しくなってしまい、他の科目の勉強が億劫になってしますのです(自分自身の失敗談です)

また、センター試験は80点や90点を超えてくると点数を伸ばすのが難しくなるので、
同じ時間勉強するならば、苦手科目を勉強するほうが合計点数は上げやすくなります。
なので、早い段階で60点以上を受験科目でとるようにして億劫な科目を少なくするのが

③仕上げる時期を決めれば、ベース配分も決まる!

目標点をとれるようになる時期を先に決めましょう。
その時期により、勉強方法やかける時期が変わります。
例えば、90点などの高得点を狙うような方は、センター試験の暗記問題の範囲は早々に終えて、半年近く演習問題を行うべきです。
逆に、70点を目指す人は暗記問題の範囲はそこそこにして、早めに演習問題に取り掛かかりながら過去問などを解きながら出てきたところで暗記を進める方が効率的です。
どちらにせよ目標点のとれる時期を決めてスタートしてください。
その中で「ペースが遅れているな」「ペースより早くできているな」と進捗確認してみてくださいね。

今回の三つの方法のまとめ
①初めの取り掛かり方や自分の点数の上げ方が決まり
②それぞれの科目に使う時間配分が決まり
③その科目自体のペース配分も決まる

、、、目標点数とれそうじゃないですか?

「いやいや、そんな簡単にいったら苦労しないよ」とつぶやいたアナタ!!!
自分ひとりで実行するのが不安だ。。
そもそも自分の計画があっているのか判断してほしい。。
そう思って塾や予備校の門をたたくのではないでしょうか?
その時にどんな判断軸で決めるのでしょうか?
ただでさえ、学校や勉強で忙しいのに塾や予備校の比較なんかしている暇がない方も
多いのではないでしょうか?

比較のための材料や、今のあなたに最適な塾や予備校を現役大学生とプロのアドバイザーがご紹介させていただきます。

●塾・予備校探しは下記からご相談!
ご相談にもご紹介にも一切料金はかかりませんので、お気軽にご連絡くださいね。

https://juken-goukaku.jp/inquiry/

友だち追加

関連記事

  1. 受験生必見!後悔しない大学の選び方

  2. 大学受験の流れが決まる大きな決断!部活VS勉強、どっちが受かるの?

  3. 個別指導塾ランキングに騙されない!!

  4. 大学受験を成功させる塾選びの方法とは?!個別と集団の賢い使い分け方!

  5. 勉強に集中するための8つの方法

  6. 評判の良い個別指導塾の選び方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


s