大学受験を成功させる塾選びの方法とは?!個別と集団の賢い使い分け方!

今まで個別指導塾に行っていたけど、高校3年生で受験対策になると、集団に行った方が良いのかな?
個別指導の先生が受験のノウハウがどこまであるか心配だな。
ただ、今までも一緒に頑張ってきたし、できれば、同じ先生がいいな。
こんなお悩みをお持ちではないでしょうか。

塾選びの道しるべは「目的」!

まず、塾に何を求めているのか?を考えてください。
塾を検討している時点で「自分ひとりではできない。このままだと目標の大学に入学できない」という自分の特性をまずは、理解しましょう。
そして、塾を選ぶうえで大切な「目的」を改めて考えましょう。

目的が明確であればあるほど、塾選びも成功しやすい!

例えば、あなたは数学の先生です。
数学の補修授業を行います。授業前にA君、B君の生徒二人に同じ質問をしました。
「今日は何を学びに来ましたか?」と。
その答えを以下に記載します。

どちらの方が「その補習授業」から多くの学びを得られるでしょうか?
A君:三角関数です。現在模試は80点前後で、本番までには、90点がコンスタントに出せるようにしたいです。特に三角関数の中でも、2乗の公式は苦手なので、公式を覚えるだけではない解き方を教えて欲しいです。
B君:三角関数です。そのあたりの範囲が苦手なので、そこができればよいかと思っています。
言わずもがな、A君です。

わかりやすい質問にはわかりやすい答えが返ってくる!

上記のA君のように「現状の点数」「目標点数」「自分が思っている苦手分野」「どんな内容を教えてほしいか」を明確に話せると、周りもアドバイスをしやすくなり、何に困っているかも把握できます。
その結果、質問と同じように「明確な」アドバイスや結果を得ることができ、成績も上げることができます。
具体的に質問を考えれば考えるほど、得られる答えや情報も、より具体的に手に入れることができ、効率的に成績アップが見込めます。

目的を考えたうえで塾に頼る部分を決める

目的を具体的にすると、A君のように自分の何ができて、何ができていなくて、何について、どれぐらい力を借りたいかということが理解できます。
具体的には、個別指導塾の強みは、細やかなサポートなので「苦手分野の補強」をすべきです。
また、勉強をする時も横に付いてくれるので、「勉強のモチベーションが湧きづらい科目」を一緒に勉強するのをお勧めします。
逆に集団授業は「得意科目」をより高い点数で定着させるために使います。
「自分で進められる科目」は自学自習で進むか、必要に応じて、夏期講習や冬期講習などf定期の授業でも十分学ぶことができます。

個別指導塾の相談のしやすさ

1対1や1対2の少人数で授業をすることが多い個別指導塾は、先生への相談はしやすくなります。
人に頼るのが苦手な人は、個別指導のような「聞かざるを得ない状況」にして、「人の力を借りる訓練」をした方が良いです。
なぜなら、受験勉強は一人で全てやることはできないからです。

まとめ

成功する塾選びは、それぞれの「塾で得られるもの」と自分の「塾を使う目的」を明確にすることで、柔軟に使い分けることが必要である。

自分で明確に目的が決められないという方へ

ただ、そんな簡単に自己分析ができたり、目的が明確になっていたら苦労しないですよね。
そんな時はGOUKAKUスタッフにお任せください。
目的を明確にするだけでなく、得点だけじゃわからないあなたの強みや弱み、効率的な勉強方法をご提案させていただきます。
もちろん無料で、しつこい電話は一切ございませんのでご安心ください。
個別指導の先生以上に親身にお話お伺いします。
一人で悩まず、お気軽にご連絡ください。

●塾・予備校探しは下記からご相談!
https://juken-goukaku.jp/inquiry/

友だち追加

関連記事

  1. 受験期に彼氏と付き合うメリット、デメリット

  2. 個別指導塾で結果を出し続けた講師直伝!合格するための勉強方法!

  3. センター試験対策!受験に失敗しないために試験前にすべき3つのこと!

  4. 受験勉強を乗り切るモチベーション管理術!やる気を維持する8つの方法

  5. 【模試の判定が悪い】志望校はこのままで大丈夫?不安を打ち消す模試の受け止め方

  6. 学習塾の月謝比較をする前に!家族で話すべき「お金の話」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


s