志望校合格への近道は勉強の習慣化!受験で使えるテクニック5選!

勉強をすれば成績があがるのはわかっている。
けど、集中力が続かない。。
そうすると必然的に成績も下がってくる。
無理やりやらそうとするとより集中力が下がる。
このままでは志望校に合格できないかも。。。

こんなお悩みはありませんでしょうか。
成績を必要な勉強量を確保するためには「勉強の習慣化」が不可欠です。

今、歯を磨くのに苦労はしないですよね?
それは毎日続けることで習慣化できているからです。
勉強を歯磨きのようにすればよいのです。

ただ、言うのは簡単でも実践が難しいんですよね。
そこで!
勉強を習慣化できる工夫を5つ集めてみました。
アレンジして使ってみてください。
志望校合格の一歩になるはずです。

勉強が楽しいと思えることが大切!

①勉強時間に時間制限を設ける!

タイマーを使って、時間を測って勉強してみましょう。
「どっちが早いか競争だ!」と競わせたり、
「昨日より10分縮まったね!」と声掛けをして成長をきっちり褒めてあげましょう。
ゲーム感覚ですることで、「勉強が楽しい!!」と思えることが大切です。

②ユニット学習をして集中力をキープ!

ユニット学習とは、勉強内容を短い時間で変えることで、飽きにくくすること。
例えば、1時間の授業を、15分漢字テスト、15分計算テストなどと、細かく区切っていきます。
短い時間の集中力を鍛えることで自然と長時間集中できるようになってきます。
大切なことは、小さなスモールステップで達成経験を作ることです。

③受験対策にも!基礎の前に裏技を教えない!

自分で考えて解決する習慣をつけさせましょう。
考えることが好きになれば自然と勉強が好きになり習慣化が進みます。
例えば、すぐに疑問をネット検索してしまうと自分で考えない人になってしまいます。
辞書などを活用しましょう。
ここで大切なのは「難しすぎる問題」を与えないこと。
自分で調べて解決できるレベルの問題を渡してあげましょう。

④勉強の王道!繰り返しを重要視する!

勉強はスポーツの筋トレと同じです。
腹筋を鍛えるのに、「腹筋割れろー!!」と思っているだけで腹筋が鍛えられるでしょうか。
絶対に鍛えられないです。
つまり、繰り返しが大切なのです。
勉強の場合「たまたま正解してしまった」ということがあるので、繰り返し勉強し、お子さんの「腑に落ちている状態」で次に進みましょう。
ここで大切なのは、「習得できてから次に進む」です。

⑤向いていない学習方法はすぐやめる!

子供は100人いたら100人の個性があります。
では、勉強方法はどうでしょう?
100通りも勉強法をご存知でしょうか。
実際には、あります。
参考書の選び方、暗記の仕方、集中の仕方、何をとってもその子に合わせた学習方法をすることが大切です。

以上が、勉強を習慣化できる5つの工夫でした。
いかがでしたでしょうか?
当たり前のことでも徹底できているかを問うてみてください。
必ず効果はあります。
ただ、ご家庭だけで勉強の習慣化をするのには限界があります。
そんな時は塾や家庭教師に頼ることになります。

では、上記のこと、つまり、
勉強をゲームのように楽しませてくれ、
集中力が続くオーダーメイドの工夫をしてくれ、
基礎を重要視してくれ、
しっかり腑に落ちるまでしっかり教えてくれ、
合っている勉強方法を探求し続けてくれる、
そんな環境はご存知でしょうか。

勉強の習慣化ができる最適な環境を!

志望校合格のためには、勉強の習慣化が不可欠。
つまり、勉強環境の選択が重要です。
そのためにGOUKAKUスタッフを活用してみませんか?
業界のプロであるアドバイザーと現役の大学生が一人一人に合わせた最適な情報をお伝えします。
ご相談や情報提供はすべて無料ですので、お気軽にご連絡ください。

●塾・予備校探し、受験・進路に関するお悩みは下記からご相談!
https://juken-goukaku.jp/inquiry/

友だち追加

関連記事

  1. 個別指導塾の本当の料金はいくら?塾を決める前にすべき3つのこと!

  2. 個別指導塾ランキングに騙されない!!

  3. 大学受験の流れが決まる大きな決断!部活VS勉強、どっちが受かるの?

  4. 学習塾の月謝比較をする前に!家族で話すべき「お金の話」

  5. 勉強に集中するための8つの方法

  6. 個別指導塾を検討中の高校生必見!個別指導が素晴らしい3つのわけ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


s