高校の塾に通う費用について

高校生のみなさんは、早いうちから大学受験のための塾通いを考えなければならない時代に生きています。
しかし塾にはお金がかかり、期間や充実度によっては思った以上の費用がかかってしまうこともあるでしょう。
そこでこちらでは、・実際に高校生の塾にはどれくらいの費用がかかるのか
・費用をかけたくない場合はどうすればいいのか
・塾とそれ以外の手段

といったポイントにしぼってチェックしてまいります。
これから塾を選ぶ予定の人や、ご両親と受験について話し合っている人は、これを機に塾にかかる費用を考えてみましょう。

高校生の塾通いにかかる費用はどれくらい?

そもそも塾は必要?

大学受験が一般化し、2人に1人が就職よりも進学を選ぶといわれている昨今では、塾の重要性に改めて注目が集まっています。
受験者の多さはライバルがたくさんいるということになるので、生半可な勉強では通用しないことが増えてくるでしょう。
塾は本格的な勉強方法を知る場所として非常に優秀なので、受験を勝ち抜くためには必然的に塾通いが推奨されるでしょう。
他にも塾は学校や個人学習では補えないリアルタイムでの受験対策なども行ってくれるので、学力をつける以上の魅力もあります。
高校生は時間もあり、新しい知識を吸収する力も活発です。
受験はもちろんその後の学習のために塾に通うことは、とても理にかなったことだといえるでしょう。

塾の費用をチェック

それでは実際に高校生が塾に通うとしたら、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。
確認のためにまず、塾通いに発生する費用の種類から見てみます。
一般的には以下のような費用が考えられるでしょう。

・入学金
・1講座にかかる費用
・模試代
・夏期講習や冬期講習といった期間集中講座

塾ごとにそれぞれの費用はちがってくるので、安い場所を探すのならトータルでの金額を考える必要があります。
例えば講座費用が安いけれど夏期講習が高いせいで全体の金額が高くなってしまう、といった場合もあり得るので注意しましょう。
うっかりしていると、想像以上の費用を払うことになる可能性も……。
塾を選ぶ際には、費用の種類ごとに発生する金額をチェックすることを忘れないでくださいね。

だいたい20〜30万円前後の費用がかかる?

高校生の塾費用は家庭ごとに千差万別ですが、だいたい3年間で20〜30万円前後かかることが多いようです。
年間10万円前後の費用を出せれば、最低限の塾学習を行うことができそうですね。
もちろんそれ以上の費用が発生することもあり、3年間で100万円の出費に達する家庭も少なくありません。
受験本番が近づくにつれて費用が数倍になったケースもあるので、少しずつ負担は増えると思っておいた方がいいでしょう。
また塾の知名度や設備によって費用は大きく変わり、公立校と私立校でも費用に開きが出てきます。
いきなりの出費に驚かないように、塾にかかる費用はあらかじめ計算してプランを考えておきましょう。

塾にはいつ頃から行きはじめるべき?

高校生が塾に行く目的の多くは、大学受験でしょう。
なら受験がはじまる3年生になってから通い始めればいいのかというと、そういうわけでもありません。
ぎりぎりになってから塾に通い出すと、多くの知識を短時間でつめこむ必要があるため、学習効率が低下する可能性があるのです。
となると1年生の頃から塾に通うのが理想となりますが、その分の費用は当然加算されてしまいます。
自分の家庭は実際にどれくらいの費用がかけられるのか、それに見合った期間はいったいどれくらいなのか。
1回はしっかりとシミュレートをして、塾に通いはじめる時期についても考えてみましょう。

費用をかけたくないときはどうすればいい?

安い塾を探してみよう

塾の費用が悩みの種となっているときは、色々比較して安い場所を探してみるといいでしょう。
世の中には大手の有名塾ばかりではなく、個人経営や零細企業といったさまざまな塾が存在しています。
知名度のない塾は大手との差別化のために価格を安く抑えていることも多いので、お得な料金で授業を受けられるかもしれません。
今はインターネットで簡単に値段を比べることができるため、安い塾を探すのはそれほど難しいことではないでしょう。
安いと大手の塾よりも劣る部分が増える可能性はありますが、個人勉強などと併用すれば十分な効果を期待することもできます。
費用を抑えて塾を利用する場合はそのようなフォローを行って、足りない要素を補うことも忘れないようにしましょう。

費用のかけ方を工夫してみる

塾にかかる費用は個人の学習レベルによっても変わってくるので、少しの工夫を行うだけでも意外と簡単に節約ができるでしょう。
例えば個人塾と集団塾では、前者の方が費用が高くなります。
そのためすべての科目を個人塾で学ぶとなると、必然的に費用は増えてしまうのです。
得意な科目を集団塾に変える、もしくは自主勉強だけで乗り切るなどの工夫を行えば、費用は安く抑えることができるでしょう。
授業の科目を制限するのは有効な手段であり、塾の利用を本当に必要な科目だけにしぼることで学習効率を高めることもできます。
無駄にお金をかけることのないように、費用の使い方はぜひ工夫してみてください。

塾のキャンペーンなどもチェック

学習塾では新規の受講者を募るために、さまざまなキャンペーンが行われていることもあります。
中には入塾料や講座費用が期間限定でキャッシュバック、もしくは無料になるようなものも珍しくありません。
上手に利用できれば、初期費用だけでも削減することができるでしょう。
塾に入るタイミングに迷っているときは、キャンペーンの充実度から決めるのもいいですね。
キャンペーンの利用はその塾の雰囲気や学習方針を知るきっかけにもなるので、積極的に狙っていくべきものだといえます。
費用はもちろん、自分に本当に合っている塾を見つけるためにも、こまめにお得なキャンペーンはチェックしていきましょう。

塾以外の手段にも目を向けてみる

塾と合わせて利用することで費用を浮かせる

世の中には塾以外にも、さまざまな学習手段があります。
費用が安いものも多いので、塾と合わせて利用することで全体にかかる金銭的負担を軽減することも可能です。
最近はその種類も増えてきていて、主に以下のようなものが選択できます。

・家庭教師
・動画による授業配信サービス
・ボランティアによる学習サポート

非常にお得なものが多いので、一部学習科目は上記のサービスを利用して、費用削減に乗り出してみてはいかがでしょうか。
特に最近のトレンドともいえる動画学習は、費用の面でも効率の面でもおすすめできます。
塾の行き帰りや自宅での学習に使えれば、塾で学んだ内容を補強・充実させることも難しくはありません。
現在の塾では足りない。でもこれ以上費用をかけられないといった人にも、この方法はぴったりですね。

結局は費用よりも自己の努力が大切</h3>
塾に費用をかければ、確かに効率の高い学習を行うことができるでしょう。
しかし結局学力を上げるには、自己の努力が何よりも必要だといえます。
費用をかけたことに甘えて、自分自身から努力することを忘れてしまっては、せっかくの塾での勉強を活かすことができません。
世の中には、塾での学習にわずかな費用しかかけられないのに、素晴らしい成績を残している人もたくさんいます。
塾選びと同時に、自身の学習態度を見直すことが、受験を控えた高校生には必要になると覚えておきましょう。

高校の塾に通う費用について/まとめ

高校生になれば、塾に入るかどうか悩む機会も増えてくるでしょう。
費用はその際に大きな問題になるので、家族で話し合って納得のいく塾選びを行ってくださいね。
塾を上手に利用することが、近年では非常に重要なポイントとなっています。
適当に近くの塾を選ぶのではなく、費用やその他さまざまな面を総合して、本当に学びたい場所を探してみましょう。

友だち追加

関連記事

  1. 大学受験を成功させる塾選びの方法とは?!個別と集団の賢い使い分け方!

  2. 【模試の判定が悪い】志望校はこのままで大丈夫?不安を打ち消す模試の受け止め方

  3. 大学受験の流れが決まる大きな決断!部活VS勉強、どっちが受かるの?

  4. 個別指導塾の比較に効果抜群な質問とは?!授業・生徒・講師が鍵!!

  5. 浪人で「個人塾は予備校より不利」はウソ!?浪人の噂を徹底分析!

  6. 模試の結果を有効に活用する方法

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


s