【模試の判定が悪い】志望校はこのままで大丈夫?不安を打ち消す模試の受け止め方


受験生になると学校や塾で何度も受けることになる全国模試。返ってきた模試の判定が悪いと志望校はこのままで大丈夫なのかと不安にもなりますよね…。しかし模試の判定が悪くても合格している人はいます。

模試の結果が悪くても受かる人ってどんな人? 悪い結果はどう受け止める?模試の判定に不安を抱いている方に読んでほしいコラムになっています。

模試の判定が悪くて不安…

模試の判定とは?

多くの場合、模試を受験するればテストの点数だけでなく、自分の偏差値に加えA~Eのアルファベットで志望校に対する合格率の判定が返ってきますよね。
合格率の目安としてはA判定…80%以上、B判定…60%以上、C判定…40%以上、D判定…20%以上、E判定…20%以下という基準が一般的な判定だと思います。

しかし模試の判定…絶対に必要あるものでしょうか?もちろん現状の自分の順位を知ることや合格率の目安にはなりますが、判定を出しているのは自分の志望校というわけではないですし、自分の上下に何人いますよ、って分かったところでその人たちが今どのくらい努力している人かとか、どんな状態で模試を受けているかなんて分からないわけですよね。

A判定=合格、E判定=不合格ではない!

そのため一見、不合格ラインのように感じさせられる合格率20%以下のE判定も、このE判定をどう受け止め、どう行動を起こすかで同じE判定の人同士でも今後の成績は大きく変わってくるでしょう。

合格率20%以下ということは、100人中80人は不合格だけど20人程度は受かる可能性がある!という数値でもあります。逆にいえば、A判定だって必ず受かるわけではないのです。あくまで「今の時点」での合格率です。極論をいえば、模試でどんな判定が出たって関係ないのです。受験本番で点を取れれば受かるんですから。

E判定でも受かる?

SNSやネット上で目にしたことがあるとも思いますが、E判定でも受かることは奇跡ではありません。
実際に筆者も、第一志望の大学を模試で受験したときは全てE判定でした。第二志望もE判定、第三志望でようやくC判定だった私は、最後の三者面談でも担任の先生から「99%…(軽い沈黙)いや、100%受からないでしょう!!!」と断言されたのを覚えています。

しかし結果は第一志望の大学の第一志望の学部に合格しました。
たしかにE判定で合格するのは簡単なことではありません。もしもその模試が受験本番だったら不合格だったわけですから。しかし現時点での判定が悪いから受からないかというとそうではないのです。
模試の判定で大切なのは受け止め方と、その後の努力です。

模試の判定は悪くても大丈夫! 大切なのは受け止め方

模試の結果で見るべきなのは判定や順位よりも…

模試の判定に一喜一憂してしまうのは仕方ありませんが、模試が返ってきて1番気にしなければいけないところはどこか分かりますか?それは偏差値や判定ではありません。

模試の結果を見るうえで1番肝心なこと…それは自分の苦手や弱点を発見することにあります。
多くの人は偏差値や判定ばかりに目が行って模試の意義を忘れてしまいがちですが、
間違った問題の答えを確認するだけでなく、自分がどの分野が弱いのかを発見し、そこを重点的に勉強して苦手を潰していくことで必ず成績は上がります。

安易に志望校は変えないで!

模試の判定が悪いと不安になり、志望校を変えた方がいいのではないかと悩んでしまいますよね。
しかし、あなたが自分で決めた第一志望の大学だけは最後まで変えないでほしいのです!

第一志望の大学を安易に変更するのはかえってマイナスな結果に繋がってしまうこともあります。この大学に行きたい!と思いを馳せていた選んだ第一志望を変えてしまえば、受験に対するモチベーションが下がるだけでなく、志望校を下げて合格判定が上がったという安心感から逆に成績が下がってしまうという恐れもあります。そうなると受験間近、せっかく下げた志望校すらも厳しい判定が出て焦ってしまいます。

やっぱり人間、本当に行きたい大学を目指して目標を高く持っていたほうがモチベーションも上がり、勉強に身が入るものですからね。

選択肢が欲しいなら滑り止めを

第一志望は安易に変えるものではありませんが、悪い判定が続けば不安になってしまうのもよく分かります。浪人はできない・したくないなど理由がある人はとくに不安になってしまいますよね。

そんなときは滑り止めで受験する大学を少し下げるか、安心できる判定が出る大学も受験することで自分に選択肢を用意しておくのがおすすめです。1度きりの大切な人生ですから後悔はしたくありません。目標は高く持ったほうがいいですが、もしも浪人せず大学に行きたくなったら…?あのとき志望校を下げていたら今頃大学生だったのに…と後悔をするかもしれないと不安を抱いて勉強に身が入らなければ意味がありません。あくまでも滑り止めです。

受かっても行きたくなければ行かなくていいのです。でも未来の自分に選択肢を用意しておくことで安心でき、勉強に集中できることもあると思います。

模試の判定が悪くても受かる人の共通点

志望校への想いが強い

模試の結果が良ければもう少し上の大学を目指そうかな…?判定が悪いと不安だから志望校を下げようかな…?もしあなたがその程度の想いで模試を受験しているのであればE判定でも受かる人にはなれないでしょう。
模試の判定が悪くても受かる人に共通しているのは、E判定でもA判定でも関係ない、とにかくその大学に行きたい!という想いが強いがある人なんですよね。先述しましたが筆者も模試ではE判定オンリーで受かった人間の1人ですが、絶対にその大学に行きたかった私は学部や試験内容を変えて同じ大学を6回受験しました。合格通知を受けたのは6回中2つでしたが、第一志望の学部に合格できました。

あなたは本当に志望校に行きたいですか?その大学に行きたい理由、大学でやりたいこと、その強い想いがあるひとこそE判定でも受かる人です。

最後まで諦めずに追い込む

当たり前のことですが、最後の最後まで諦めずに追い込みをかけられるかどうかが合否の分かれ道です。
E判定でも受かっている人はたくさんいるなら自分もきっと大丈夫…と根拠のない自信や運を信じてしまい勉強を先延ばしにしているようでは合格を掴めません。頑張って少しずつ成績が上がってきてもそこで油断してはいけません。自分も頑張っているけれど、ライバルたちも頑張っているのです。判定が悪くても受かる人はその中でもとくに、現状に甘んじることなく最後まで気を抜かずに猛勉強で追い上げが出来る人なんです。

不安はやる気に変えて合格を掴み取ろう!


いかがでしたか?
もちろん模試の判定は今現在の自分の実力を知るための大切な目安です。判定が悪くても頑張れば奇跡が起こるから大丈夫!という訳ではありません。
ただ、判定が悪いから不合格かというとそうではありません。悪い結果ほど、しっかりと受け止めて克服していくことで伸びしろがあるということです。

悩んでいる時間はもったいないですよ!不安はやる気に変えることで打ち消し、受験当日までがむしゃらに頑張れる人に受験の女神様はきっと微笑んでくれるでしょう…!

友だち追加

関連記事

  1. 勉強に集中するための8つの方法

  2. 浪人経験者が語る!浪人だからこそできる、予備校の活用の仕方!

  3. 受験生必見!後悔しない大学の選び方

  4. 学習塾の賢い選び方!受験結果を大きく左右する学習環境のチェックポイント!

  5. センター試験対策!受験に失敗しないために試験前にすべき3つのこと!

  6. 学習塾の口コミに要注意!!口コミで仮定し、教室で答え合わせをしよう!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


s