受験生必見!後悔しない大学の選び方

大学を目指して日々勉強を重ねている高校生のみなさんは、どのような志望理由から大学を選んだのか覚えていますでしょうか。
なかには勉強を続けているけど、まだ明確な志望校が決まっているわけではないという人もいるかもしれませんね。

しかし大学は選び方を間違えると、その後の将来が大きく変わってしまうので、しっかりとした意志を持って選択しなければならないのです。
こちらではそんな大学の選び方について、いくつかのポイントにしぼってチェックしてみます。

大学選びに迷っている人は、ぜひこれを機に志望校について本気で考えてみましょう。
4年という長い時間を過ごす大学生活を無駄にしないためにも、選び方を知っておくことは大きなメリットになりますよ。

自分のやりたいことができるかどうか

偏差値よりも大切なものがある?

大学受験の際には、偏差値が志望校を決定する1つのポイントになるでしょう。
しかし偏差値ばかりに注目していると、入学後の目標や自分のやりたいことが曖昧になってしまいます。
大学を選ぶときは偏差値だけでなく、自分がその大学に入って何がしたいのか、何ができるのかということも選び方の基準としましょう。

そのためには受験勉強と並行して、将来のビジョンや夢を再確認する必要があります。
それは大学を目指す理由となり、受験勉強の動力源となります。
自分が大学に入る理由を明確にすることができれば、入学後もモチベーションを保ち続けることができるでしょう。
大学に入る理由は、決して偏差値で計ることのできないものです。
自分自身で決めなければならないので、ぜひ大学を目指す際には早めに入学後に何がしたいのかを考えておいてください。

<h3>学部選びがかなり重要

正しい大学の選び方を実践するには、大学の中でどの「学部」を選ぶのかも重要になります。
当然ながら学部によって勉強する内容やカリキュラムは大きく変わるので、学部選びに失敗すると大学生活全体がつまらなくなってしまうでしょう。

文系・理系だけでなく、「文学部」「工学部」「理学部」「経済学部」といったジャンルをしっかりと調べておくのがポイント。
勉強の合間を縫ってでも、学部について詳しくチェックする時間は必ず作るようにしてください。
学部を選ぶポイントもまた、4年間に学べる学習内容とその後の進路です。
自分のやりたいことがその学部でできるかどうかは、間違いなく確認しておきましょう。
例えば文学部の中にも、「教育」「外国語」「哲学」「歴史学」などさまざまな種類があります。
なので大まかな学部だけではなく、できるだけピンポイントに選択しておくことが、その後の4年間を充実したものにするでしょう。
就職して働くのか、大学院でさらに学びたいのかを高校生のうちから考えるのは難しいかもしれません。
しかし今から考えておくことが、失敗しない大学の選び方となることは忘れないようにしましょう。

就職まで考えるのがコツ

大学生活の先にあるものは、社会に出て働くための就職活動です。
受験のための大学を選ぶときは、その就職まで考えておくのが1つのコツとなります。
どのような仕事に就きたいのかが決まっていれば、自然と大学時代に学んでおくべき科目が限定されていくでしょう。
それはより効率的な学習につながるので、大学を選ぶ時点で就職のことも一緒に考えておくことをおすすめします。
現段階で大学に明確な理想がない人も、就職先から逆算して選ぶことができれば、自分にぴったりの学校を見つけることができるかもしれません。
大学と就職をワンセットでチェックすることは、1つの手法として試してみるといいでしょう。

独断で決めないこと

自分のやりたいことを客観的に把握するのは、とても難しいことです。
なので大学選びの際には、決して1人だけで判断せず、誰かに相談するようにしましょう。
ご両親や学校の先生はもちろん、一緒に大学合格を目指す友人もまた、大切な相談相手となります。
自分の考えや大学の選び方がズレていないかどうか、1度話し合ってみてください。

誰かに相談することで、これまで気づけなかった意外な大学や学部が進路の候補になるかもしれません。
そういった発見に期待して、まずは自分の進路を打ち明けられる誰かを探してみましょう。

通い続けられる大学かどうか

毎日通学することを考えて選ぼう

大学の選び方を考えるとき、意外に盲点となるのが大学への通学時間や手段です。
毎日その大学に通い続けることができるのかどうかは、受験前にしっかりとチェックをしておきましょう。
通学時間がかかると、心理的にも体力的にも負担となるため、大学での勉強に支障が出る可能性もあります。
最初は平気だと感じていても、日数を重ねるごとに段々と辛くなっていくことはあり得るので、なるべく通いやすい大学を選ぶのがポイントですね。
もし家庭の事情が許すのなら、大学の近くへの引っ越しなども検討するといいでしょう。
少しでも大学に通うことが楽になる環境を作ることは、将来への投資になります。
通学時間を節約してその分を勉強や遊びに回すことができれば、より大学生活は有意義なものになるのです。
通いやすさで大学を選ぶ大切さは、これを機に覚えておいてくださいね。

勉強についていくことができるか

入学後勉強についていけるかどうかも、大学を選ぶ際のチェック要素です。
せっかく努力して入学したのに、その後の勉強についていけない、もしくは面白くないと感じてしまい、続けられなくなるという話はよく聞かれます。
自分のモチベーションが続くかどうかを予想して選ぶことができれば、大学生活はかなり安定したものとなるでしょう。

実際に入学しなければわからない部分も確かに多いですが、今はネットで簡単にその大学の授業内容や雰囲気を調べることができます。
ある程度の参考にすることは可能なので、勉強についていけるかどうかが気になるときは色々情報を集めてみてください。

学費などに問題が出ないか

大学に入学してその後4年間通い続けるには、たくさんのお金がかかります。
学費にいくら必要なのかあらかじめ知っておかなければ、途中でお金の問題が発生してしまうかもしれません。
金銭的に無理のない範囲で通える大学を選ぶことは、基本であり非常に重要な点なので欠かさずにチェックが必要です。
特に奨学金を利用する場合は、4年間でかかるお金をしっかりと計算し、その後の返済まで考える必要がありますね。
また大学生活でかかるお金は、交通費や交際費までさまざまです。
最初から多めに試算しておく方が、後から慌てずに済むでしょう。
お金の問題はなかなか話題にしづらいものですが、大学を選ぶときは間違いなく確認しておくべき項目になります。

こんな選び方はNG!

誰かの意見を鵜呑みにしない

大学選びの際には、自分以外の誰かに相談すべきだと上記でご紹介しました。
しかしその意見をすべて鵜呑みにしてしまうと、選んだことを後悔する可能性が高くなります。
あくまで人の意見は参考に留め、受験先の決定は自分自身で行うようにしましょう。
人に言われて選んだ大学が目標になると、勉強のモチベーションを上げるのが難しくなってしまいます。
結果的に大学合格そのものが困難になるので、大学を選ぶときは何よりも自分の意見を尊重してあげてください。
周囲の意見を上手に取り入れられれば、進む大学を決定するきっかけになることでしょう。

直感や名前だけで選ばない

ネームバリューや直感で大学を選ぶ人は多いですが、大学の選び方にこだわるのなら、それはNGとなります。
しっかりと下調べをおこなって、何度も考え直すことが重要になるでしょう。
実際に大学を訪ねるのがおすすめで、自分の目で見て「ここに行きたい!」と思える場所を探してみてください。
下調べの際にチェックすべきポイントは、例えば以下のものが当てはまります。

・在学生の雰囲気
・校内の設備や環境
・大学までの道のりや交通手段

これらに不満がある大学だと、後々通学が億劫になるかもしれませんので、なるべく事前にチェックが必要ですね。
足を運ぶ大学は1つではなく、いくつか見学して比較するのもポイントとなります。
大学を本気で選ぶときは、その目で実際に見たものを参考にしてみてください。

【大学の選び方について】まとめ

高校生にとって、大学選びは人生を左右する大切な行事です。
決して妥協せず、自分で納得できるまで悩み続けることを忘れないでください。
正しい大学の選び方は、上記の項目を読んでいただければご理解いただけるでしょう。
受験勉強に集中するためにも、早めに大学の選び方は把握しておくことをおすすめします。

友だち追加

関連記事

  1. 個人でも、塾でも、受験勉強をする時に必要なたったひとつのこと

  2. 個別指導塾の本当の料金はいくら?塾を決める前にすべき3つのこと!

  3. 学習塾の賢い選び方!受験結果を大きく左右する学習環境のチェックポイント!

  4. 個別指導塾ランキングに騙されない!!

  5. 学習塾の口コミに要注意!!口コミで仮定し、教室で答え合わせをしよう!!

  6. 大学受験を成功させる塾選びの方法とは?!個別と集団の賢い使い分け方!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


s