評判の良い個別指導塾の選び方

評判の良い個別指導塾にはある共通点がありました。

成績が下がってきた。。。

受験対策のためにもっと成績上げないと。。。

そんな時に「塾に行こう!集団授業だとみんなと同じペースになってしまうから個別指導塾にしよう!」と思い、どこの塾にするかを検討し始めますよね。

どこがお子様にとって良い塾かわかりますか?

評判の良い塾はなぜ評判が良いのでしょう?

広告を見れば、「確実に成績アップ!熱心に指導!あなたにオーダーメイド!」などどこも似たような謳い文句。

ですが、入塾後に「思ったように成績が上がらない。先生との相性が悪い」となり、退塾する方も少なくないのが現状です。

逆に「この塾のおかげで人生変わりました!!!」という方がいるのも事実。

ちなみに、どの塾でもポジティブ・ネガティブ両方の評判が必ずあります。

人(生徒)対人(先生)である以上は仕方のないことですもんね。

だからといって、「近いから。安いから」で決めようとしていませんか?

その決め方は一番危険です。

節約しようとしているのに、お金をドブに捨てるようなものです。

良い塾を「評判の良い個別指塾」(成績アップ・目標達成)とするならば、

かなりの高確率、ほぼ100%で見分けられる方法があります。

評判の良い個別指導塾の見分け方

それは自習室と先生です。

「当たり前やん」って思われたでしょうか。笑
ですが、大切なのは「どのような観点で見るか」です。

自習室の何を見るのか?

自習室を開放している個別指導塾は多いです。
入塾面談の際に以下の2点を聞いてみるor見てみてください。

1.盛況かどうか
2.学年

「1.盛況かどうか」

当たり前ですね。笑
ですが、大切なのは「全体の何割ぐらいが来ているのか」ということです。

「ほとんどの生徒が少なくとも週に1回は来ますよ」は最高。
「週7来ている生徒もいますよ」は微妙です。
なぜなら「一人の成功事例」にすがっている可能性が高いからです。
たまにめちゃくちゃ努力できるスーパーマンみたいな子が現れます。
それは塾ではなく、その子の能力です。

「全体としてどうか」を見てください。

自習室が盛況
→自習に来ている生徒が多い
→多くの塾生が自習室を「勉強のできる場所」と認識している(自習室の人数が少ない場合は、「一部の子が騒いでいるから自習室に行きたくない」という事例が多いです)
→先生が自習室を覗きに来た時に質問ができるかもしれない(基本質問はダメですが、先生も人間です。頑張っている子は応援したくなるのです)
→自習を頑張っている塾生を担当している先生はより授業を頑張る(上記と同様理由ですね)
→成績が上がりやすくなる
→結果が出るから評判が良い(親御さんから見ても、成績も上がって自習に頑張って行っているのを知っていたら応援したくなりますよね)

「2.自習室に来ている学年」

結論からお話すると、
2年生が多い自習室は「評判の良い塾」の可能性が高いです。

なぜなら、3年生は受験というタイムリミットと周りのプレッシャーで勝手に勉強するのです。
ですが、受験勉強は3年生からでは遅いのです。

2年生からコツコツ勉強できる
→絶対的な勉強時間が長い。
→受験の結果が出やすいから評判が良い

「1、2年生が自習室に通うモチベーションになっているのはなぜか」

それは普段の先生の関わりに他なりません。
つまり、先生の質が高いのです。

先生の質が高い塾は結果が出やすいから評判が良い。

当たり前、3回目ですね。笑
もうこれで最後なので許してください。
大切なのは「出身はどこか」ということです。
つまり
塾の卒業生が多いかどうかということ。

なぜ先生に塾の卒業生が多いと評判が良いのか?

小学校の先生を夢見る人のきっかけが「恩師との出会い」が多いのと同じです。
つまり、
先生に卒業生が多い
→塾生のときに先生によくしてもらった、塾自体が好き
→塾生時代に結果を出した可能性が高い
→自分がししてもらったことをしようというモチベーションが高い
→担当生徒の結果が出やすい
→評判が良くなる

個別指導塾は並走が大切

塾にも通ったことがない東大生で、勉強を教えることができない人もいます。
それは「できないことがわからない」のです。
つまり共感しにくいのです。

その点、塾の卒業生は「自分たちもできなかった」と共感しながら並走することができます。

特に、個別指導塾は集団授業に比べ、先生とのコミュニケーションが密になるので「寄り添ってもらえるか」は塾生のモチベーションの大きな要因になります。

自習室の様子と先生の出身、どうやって調べますか?

上記のことを知っていても調べないと意味がないですよね。
調べる方法は以下の2種類です。

1店舗ずつ調べる
客観的な情報を持っている人から聞く

つまり、自分で調べるか、他人の力を借りるかです。
1店舗ずつ調べる場合は、都度、入塾面談が必要です。
それが苦にならない方はご自身の目で見るのが一番なので行動に移されることをお勧めします。

もし「面倒だなあ」「1つ目の塾で営業されると押しに負けそうだな」と思われた場合は、客観的に、フラットに、塾の情報を提供してくれる人に聞くべきです。

「そんな人、知り合いにいないよ」という方に朗報です。
塾のことを熟知したうえで、客観的に情報提供をしてくれるGOUKAKUをご利用されてみるのはいかがでしょう。
マッチングのプロがあなたの「本当にこの塾でよいのだろうか」という不安を解消し、お子様にぴったりの個別指導塾をお答えしいたします。

「プロに聞くからにはお金がかかるんでしょ?」

いいえ。
完全に無料です。その後に勧誘の電話が鳴り続けるというのも一切ないのでご安心ください。
GOUKAKUはお子様の将来を真剣に考える親御さんのお力に必ずなれます。
ぜひお気軽にご相談ください。

友だち追加

関連記事

  1. 個別指導塾の比較に効果抜群な質問とは?!授業・生徒・講師が鍵!!

  2. 家庭教師VS個別指導塾、思わず紹介したくなる先生と出逢えるのは?

  3. 勉強に集中するための8つの方法

  4. 個別指導塾を検討中の高校生必見!個別指導が素晴らしい3つのわけ

  5. 大学受験の流れが決まる大きな決断!部活VS勉強、どっちが受かるの?

  6. 学習塾の月謝比較をする前に!家族で話すべき「お金の話」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


s