先輩ママの声 「ももさん」

我が家の娘が本格的に受験勉強に取り組み始めたのは、ほとんどの受験生がもう勉強の仕上げにかかっている受験の3か月半前の事でした。それまで主人の仕事の都合で娘は海外のインターナショナルスクールに通っていたのですが、帰国したのは9月末。「受験前に帰れて調度よかったかもね。」などとこの先にどんな事が待っているかも知らず、呑気な事を言いながらの帰国でした。
一応4年生から日系の塾に入っており、成績もまあまあ良い方だった事に正直安心していた私達親子。それに甘んじて受験勉強らしい勉強はほとんどしていませんでした。しかも「きっと大丈夫だろう」という、おかしな自信があったのです。それが勘違いだった事に気付くには、時間はかかりませんでした。

帰国後、地域では一番評判の良い塾にすぐに通い始めました。そこで最初に先生から「とりあえずこれをやって来て。」と出された算数の宿題に取り組んだ時、初めて「これはまずい…。」と思い始めました。約50問の算数の問題、1問目からつまずいてしまったのです。「とりあえずこれは置いとこうか。」と先に進みましたが、次もわからない、その次もわからない…、恐ろしい事に問題のうちなんとか解けたのは片手で数えられるほどでした。
娘はもちろん私も呆然、とりあえず解説を見ながらと思いましたが、解説を読んでもわからない問題が山の様にあるのです。つるかめ算から始まり、旅人算、過不足算、和差算…今まで教科書になぞらえて勉強してきた娘には、取り組んだ事のない問題ばかりでした。
そこからはもう、必死でやるしかありませんでした。受験科目は国算理の3科目、国語はどうにかなんとかなりそうだったので、与えられた宿題をただこなすのみ。理科はとにかく暗記出来る物を暗記する事に集中しました。物理的な計算問題はあまりにも難しく、もうやる時間は残されていなかったのです。問題は算数でした。わからない所は塾の先生に聞き、それだけでは追いつかないので私も解き方を色々な方法で調べ、親子で算数の問題に取り組む日々が続きました。

塾で行われる月例テストの結果は見るのも恐ろしく、2つ決めていた志望校のうちどちらにも手が届いていませんでした。しかし落ち込んでいる暇はなく、とにかくやるしかありませんでした。塾は週に3回、塾のない日も宿題に追われ、友達と遊ぶ時間などある訳がありません。塾の同じクラスのお友達が1時間で終わる宿題も、娘の場合3時間あっても終わりません。とにかく数をこなさなければならないので、必死で問題に取り組みました。塾の先生にも度々面談して頂き、今やるべき事とこれからやるべき事のアドバイスをして頂きました。
時間はあっという間に過ぎ、12月に最後の月例テストを受けました。ここでもう最終的な志望校を確定させなければいけません。3か月必死でがんばった甲斐があり、志望校のうち偏差値が低い方の学校はなんとか合格圏内に少し足を踏み入れた感じでしたので、そこを専願で受ける事にしました。残りはあと約1か月、冬休みは毎日朝から冬期講習に通い、先生方にフォローしてもらいながら課題に取り組みました。この辺りから少しずつ「あっ、これやった事ある」と言う回数が増えてきました。

1月に入ってからはひたすら過去問題に取り組み、とにかく体調を万全に整え、やれるだけの事はやってから受験にのぞみました。最終的に合格する事が出来、親子共々ほっと胸をなでおろしましたが、これも全て塾の先生方のフォローがあっての事だったと心から思います。受験約3か月前という無茶な時期に入塾したにも関わらず、常に最善の道をアドバイスして頂き励まして頂きました。親の力だけでは合格は無理だったと思いますので、やはり教育は教育のプロにあるおまかせして正解だったと思います。

これから受験を考えている親御さんに、声を大にして言いたいです。やはり勉強はこつこつと積み上げていく事が大事です!我が家のような一夜漬けのような勉強方法は、親子共々相当負担がかかる事が身に染みてわかりました。
しかし、この数か月間娘と一緒に問題に取り組んだ事は、苦しくもありましたが。なんだかとても良い思い出です。よーいドンで一緒に解き始め、「あっわかった!」といって親子で喜ぶ瞬間はなかなか得難いものなのではないかなと思っています。なかなかハードな体験でしたが、私達親子にとって忘れられない思い出となりました。

友だち追加
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


s